会社概要

会社名 株式会社 クレスソフト
設立 2001年6月
資本金 4,580万円
役員 代表取締役       柳 清次
取締役執行役常務    西城 純
取締役執行役      松田 達也
取締役         實川 健二
取締役         細木 康孝
監査役         小林 康男
主要株主 柳清次、社員
取引銀行 りそな銀行 みずほ銀行 三井住友銀行
事業内容 ビジネス系及び制御系ソフトウエアの設計、開発を中心とした
コンピュータ関連事業
サービス分野 業種 : 金融、公共事業、製造、流通・サービスをはじめ各業種
技術 : 汎用機、UNIX,Windows、D/B、ネットワーク、インターネット他
領域 : 基本設計から製造、試験、運用等
主な取引先
(50音順)
MRIバリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ株式会社
大日本印刷株式会社
株式会社DNPデジタルソリューションズ
ドコモ・システムズ株式会社
株式会社日進通工
バンキングチャネルソリューションズ株式会社
株式会社日立産業制御ソリューションズ
富士通株式会社
富士通エフ・アイ・ピー株式会社
株式会社富士通ディフェンスシステムエンジニアリング
富士通フロンテック株式会社
メルテック・ビジネス株式会社
許認可 労働者派遣事業 許可番号:派13-311281
プライバシーマーク 登録番号:第10823170号
本社所在地 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-26 アイピー第2ビル4F
 03-5282-5422(代)  03-5282-5423

会社紹介

  • 全体会議 新入社員から入社3年目までの若手社員を集った1泊2日で行う研修です。

社員紹介

SEにはコミュニケーションが必要

A.M.
2019年入社 27歳 大阪市立大学大学院 理学研究科数物系専攻
システム本部バンキンググループ
銀行の営業さん向けの業務システムの開発


銀行の営業さん向けの業務システムの開発に携わっております。私が携わっているプロジェクトでは、要件定義からシステムの設計、プログラミング、テストまでおこないます。私が現場配属されたのは設計工程の途中で、最初は作成済みの設計書を読むことから始まりました。プログラミング工程から本格的に仕事を振ってもらい、現在、テスト工程を実施中です。

プログラミング知識ゼロからでも働くことが出来ました

E.C.

2018年入社 立教大学 文学部・史学科 卒業 システム本部インフラグループ
企業向けの基幹業務システムの開発


SAPという、企業の基幹業務を効率よく行うためのパッケージソフトを使ってシステムの開発を行っています。具体的には、お客様の要件がまとめてある定義書を基にプログラミングをしたり、自分が作っているプログラムがどういうものなのかを示す設計書を書いたり等です。これらの作業が終わったら、プログラムがお客様の要件通りに動くかどうかを確認するテストも行っていく予定です。

開発プロジェクトの潤滑油「プロジェクト推進」
K.K
2001年入社
長岡技術科学大学
大学院工学研究科(修士課程)電子機器工学専攻 
システム本部ソリューショングループ プロジェクト推進


開発プロジェクトを円滑に運営するため、各グループの進捗管理、ドキュメントの管理、各工程での品質評価や工程完了評価を行なっています。大規模な開発プロジェクトの成功の成否は、プロジェクト運営を円滑に進められるかどうかが鍵となります。プロジェクト推進はあまり前面には出ない「縁の下の力持ち」的な仕事ですが、大規模なプロジェクトには必要不可欠な役割であり、広範囲な業務知識と高いコミュニケーション能力が求められる仕事です。

ジェネラリストからスペシャリストへ
K.N
2002年入社 青山学院大学 国際政治経済学部 卒業
システム本部バンキンググループ
銀行の情報系システムの開発・保守


現在銀行内のシステム部門に常駐し、海外でも利用される情報系システムの保守を担当しています。保守においては既に稼働しているシステムに対する内外の要望により機能の追加・変更を行ったり、障害の修正を行ったりします。新しいシステムを構築したり、大規模な改修を行う場合に比べると短い期間(3ヶ月~半年サイクル)で並行して開発することが多く、スケジュール的に大変なこともありますがやりがいはあります。海外向けシステムということもあり、比較的英語が役に立つ場面が多いです。

社員同士の距離が近い会社です
M.S.
2019年入社 23歳 山口大学工学部知能情報工学科
システム本部インフラグループ
ネットワーク構築など


現在は、ネットワークの新規機器の導入やそれに際しての本番環境で導入する新規機器が問題なく動作するかどうかのテストを行ったりしています。また、そのほかにも、設計書の作成をしたり、その設計書から機器に投入する設定を作ったり、機器を現在稼働しているネットワークに組み込む作業の際にどのような手順で行うのか書かれている作業手順書などの資料作成もしています。

大学校で身に着けた技術知識が役立つ!
T.S.
2018年入社 東北職業能力開発大学校応用課程  生産電子情報システム技術科 卒業
システム本部インフラグループ
主に、サーバの開発やネットワーク機器の設定等を行っています。


本校の生徒ならその試験を通ってきたはずのサーバの開発を行っています。基本的に本校で身に着けたLinuxOSでの設定やネットワークの知識が基礎となります。普通の大学ではやらないような本校の実践的な授業がこの分野では役立ちます。品質のレベルが授業と会社では全然違いますので、さらなる知識は必要ですが、せっかく本校から就職するならこの分野に行くことをお勧めします。また、アプリケーションやバンキング、インフラの3つのグループに分かれていますので本校でどんなことに興味があったのかと照らし合わせてみるのも面白いかもしれませんね。

充実した研修で成長を実感
Y.I
2017年入社 東京工科大学 コンピュータサイエンス学部コンピュータサイエンス学科 卒業
システム本部ソリューショングループ
省庁向け人事システムの開発


現在、私は省庁向け人事システムの開発を行っています。仕事の内容は「システムの設計書の作成」と「設計をする上での環境づくり」です。設計書の作成では、この項目には何文字入れられる等の定義を記載したりします。例を挙げると郵便番号などを登録したりする際、入るのは7文字だよねといった事を書いています。設計のための環境づくりでは、データベースへの検索を行う際にどのように設計すれば早く検索できるのか。実際に動かしてみてどうなるかを検証するためのダミーデータを制作しています。


ご挨拶

創業の精神は『人こそわが社の生命』

クレスソフトは2001年の創業です。
当社は様々なITサービス分野において、高品質、高技術の追求による顧客第一主義を経営理念としています。
お客様の心をつかみ、お客様の利益と発展に貢献することが使命であると考えます。お客様起点のサービスを心掛け、技術にこだわり、誠意をもって仕事をします。
大切なことはお客様をよく理解し、課題の認識から解決にいたるまで、満足度の高いサービスを提供することです。
また私どもとお客様のお付き合いは短期的なものではなく、長いお付き合いのなかで信頼と信任を築き上げていくことだと思います。

ITの歴史は新しく、リレー回路で計算機が発明されてから、クラウド時代の今日まで驚くほどのスピードで進歩してきました。いまや汎用大型コンピュータを誰でも、手のひらの上で動作させることができる時代となっておりますが、IT活用の効用発揮はまだまだこれからだと考えております。クレスソフトは社会のあらゆる分野のインフラを築き、人の幸せ増進の為のシステム創りにこれからも関わってまいります。
社会に貢献する企業、お客様の期待に応える企業、お客様からもっとも支持されるシステムクリエータを目指して、社員一丸となって取り組みます。

代表取締役  柳 清次


沿革

2001年6月 システム開発受託を目的に、東京都千代田区にて、株式募集設立。
柳清次が代表取締役に就任して事業開始
2003年9月 特定労働者派遣業の認可取得、派遣業を開始
(届出受理番号 特13-01 1680)
NTTコムウェア(株)殿とソフトウェア開発における業務委託契約、共通基盤システム 業務を受託

富士通(株)殿とソフトウェア作成請負契約、システム開発業務を受託

2004年 3月 2003年度 決算で利益剰余金を株式配当、2,000万円に増資
2005年1月 第三者割当増資 により、3,230万円に増資
2006年6月 社員株主制度開始
第三者割当増資(社員株主制度)により資本金を3,730万円に増資
2007年6月 第三者割当増資 (社員株主制度)により資本金を4,330万円に増資
2008年6月 第三者割当増資 (社員株主制度)により資本金を4,580万円に増資
2009年3月 プライバシーマ ーク認証取得(第10823170号)